事業計画書の項目について

query_builder 2021/08/09
コラム
11

動物病院を開業する時にはある程度の資金が必要ですので、多くの場合、銀行からの融資を受けることになるでしょう。
この時に重要なのが「事業計画書」です。
今回は事業計画書の項目について解説していきますので、開業をお考えの方はぜひ参考にしてください。

▼事業計画書とは
事業計画書とは、開業するにあたっての経営計画を、数字やデータを明記しながら説明する書類です。
無理なく安定した経営ができるかどうかを判断する指標となるため、銀行で融資を受ける際には非常に重要視されます。
■どのような項目がある?
事業計画書は、以下の項目に沿って作成していきましょう。
・企業概要
・事業概要
・事業のコンセプト
・従業員について
・競合や市場規模などの分析
・自社の強みと弱みについて
・サービス、商品の概要
・販売戦略、ビジネスモデル
・企業体制や人員計画
・財務計画
事業計画書には、開業した時の具体的な状況や強みはもちろんのこと、想定されるマイナス面などの項目も必要です。
第三者の目で公正なジャッジをするためにも、包み隠さず状況を明記しましょう。
■より良い事業計画書を作るために
事業計画書は多角的なデータをもとに作成する必要があり、項目も煩雑です。
初めて開業する方がご自身で作るのはかなり難しいでしょう。
より良い事業計画書を作成するには、ぜひ開業経営を専門に行うコンサルタントの手を借りていただくことをおすすめします。
税務会計グスクでも動物病院に特化した開業経営コンサルを行っており、事業計画書の作成のお手伝いを行っています。

▼まとめ
独立開業時に最も手間がかかるのは事業計画書だと言われていますが、逆に言うと事業計画書さえできてしまえば開業のハードルはほぼクリアできます。
ぜひ信頼できる専門家と二人三脚で、事業計画書を仕上げていってくださいね。

NEW

  • 動物病院 税務調査 収入計上漏れ

    query_builder 2021/07/08
  • 不動産運用について

    query_builder 2021/10/22
  • 所得税とは

    query_builder 2021/10/15
  • 動物病院の確定申告について

    query_builder 2021/10/08
  • 開業届を自分で入手するには?

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE