動物病院の開業に必要な設備とは

query_builder 2021/08/01
コラム
9

動物病院を開業する際には、それなりの設備を準備してからでないと十分な診察を行うことができません。
今回は動物病院の開業に必要な設備について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼動物病院開業時に必要な設備
動物病院の設備は人間の病院と同じく多種多様なものがあり、全ての機器をそろえようと思うと膨大な量になってしまいます。
そのため、開業時は「最低限必要な設備」を導入すると良いでしょう。
例えば以下のような機器です。
・X線撮影装置
・手術台
・診察台
・麻酔器
・顕微鏡
・遠心器
・超音波スケーラー
・ステンレスケージ
・オートクレーブ
・耳鏡・検眼鏡セット
・シャーカステン
これらの設備は、初期症状の診察や基本的な手術に対応するためには必要不可欠です。
特に動物病院の場合、去勢や避妊手術やワクチン接種が主要業務となりますので、それに伴う設備は必ず導入しておいてください。
■その他に必要な設備は?
先進的な医療を提供する動物病院では、CRや簡易ICU装置などの最新機器を揃えているところもあります。
もし開業後にこうした設備の必要性を感じたら、その都度買い足していくと良いでしょう。
開業時だけでなく、追加での機器や資金の調達方法にお困りの方は、ぜひ動物病院に特化した開業経営コンサルタントにご相談ください。
税務会計グスクでも動物病院支援を数多く行ってきており、多角的なアドバイスを随時行っています。

▼まとめ
動物病院の存在があるからこそ、人々は安心してペットと暮らすことができます。
ぜひ良質な動物病院を開業して、多くの動物たちの健康と安全を守っていきましょう。

NEW

  • 動物病院 税務調査 収入計上漏れ

    query_builder 2021/07/08
  • 不動産運用について

    query_builder 2021/10/22
  • 所得税とは

    query_builder 2021/10/15
  • 動物病院の確定申告について

    query_builder 2021/10/08
  • 開業届を自分で入手するには?

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE